キャッシングファイル
携帯サイト


貸金業法とは?

貸金業法とは、消費者の保護と貸金業者の健全な運営を目的として、昭和58年に施行されました。
当初は、「貸金業の規制等に関する法律」という名称で、略称として「貸金業規制法」といわれておりましたが、平成18年、国会で貸金業法を改正する案が可決し、平成21年末までに完全施行を目標とした、正式名称「貸金業法」が現在でも一部施行されております。
その中でも注目を浴びるのが、「総量規制」と「信用情報機関の1本化」でしょう。
これら2つには、大きな問題点を抱えております。
それら問題点につきましては、「総量規制」と「信用情報機関の1本化」それぞれのページをご参照下さい。


TOPページ